ビットコイン 日本人 稼ぐ 

ビットコインの発明者は日本人?

ビットコインは中本哲史(サトシ ナカモト)という人の発明で、2009年に運用が開始されました。(本当に日本人かどうかは不明)
中本哲史(サトシ ナカモト)''氏は480億円のビットコインを所有(稼いだ?)との噂です。

急成長期が終わりかけてますが、2033年ごろまではまだまだ発行量に関しては成長を続けます。
(価値が上がるかは誰にもわかりません)

ビットコイン

最近いろんな新聞を賑わせているように、ビットコインの価値は8ヶ月前の5倍になっています。
ビットコイン長者が続々と誕生しています。
2009年以降の急成長期にはじめたアーリーアダプターの人たち。

その人たちはまだ誰もビットコインに見向きもしない時代、周りを気にせずリスクをとってコツコツ発掘した結果、見返りを今得ているのです!
先見性があったということですね。

バナー無料

ビットコインの仕組み 需要と供給 競争

需要と供給の関係

  • 需要が少なければ掘り当てるのは簡単(過去)
  • 需要が増えれば発掘が難しくなる(現在)
  • 発掘管理ソフトが状況をみて流通量が自動調整
  • 埋蔵量にも限界が設定
  • 発掘作業をする人の活動によってシステムが維持
  • 活動の見返りとして発掘者にビットコインが与えられる

このようにビットコインは仮想の世界で発掘されて生み出されるのです!
ビットコインは取引所で購入することが一般的ですが、無料のビットコイン発掘アプリをダウンロードすれば、誰でもビットコインを発掘、無料で取得することは可能です。

ビットコイン

厳しい競争の時代

  • 参加者の増大
  • 大きな資本(企業)の参入
  • 発掘専用マシンの開発
  • プール発掘システム(チーム体制で行う)
  • 個人が在宅副業で発掘するのは厳しい?

ビットコインも団体戦、今のネットワークビジネスみたいですね笑

バナー無料

ビットコインは日本で流通するか?

ビットコインが近いうちに日本で広く流通するかはわかりません。

<理由>

  • 現金信仰な国民性
  • 日本円が安心
  • 損するかもしれない
  • 信用がないと思う
  • なくても困らない
  • 保守的

日本人は馴染みのないことを否定する、理解したがらないところがあるので

ビットコイン=マネーゲーム=怪しい=ネズミ講と考える人も大勢いることでしょう。

ネズミ講

最近はネットワークビジネスも暗号通貨での支払いが増えてきました。

ビットコインは投機商品だから損しても自己責任

仮に将来、損をしてもネットワークビジネスが悪いわけではありません!

ビットコインの発掘は一応スマホでもPCでもできますが、力仕事なので電気代がかさむ欠点があります。
ビットコインを自分で発掘すれば、それは自分のものですが発掘した金額より電気代の方が高くなって赤字になることもあります。
もしビットコインの発掘をしている個人の方がいましたら、あなたの電気代を節約できます!

日本一安い安心安全な電気はこちら

<出典>
ビットコイン


<宣伝>
あなたが普段の買い物で利用している店で、支払い金額の20%がキャッシュバックで返ってきます!お問い合わせはコチラお気軽にどうぞ👇
(LINE登録→友だち追加後「合言葉はカナダ」とお書きください。詳しい情報をお伝えできます。)

友だち追加

画像の説明
ストレスフリーなカナダ生活を満喫
私達のチームでは皆でサポートし合って、皆が楽しんでビジネスをしています。
新たに導入した自動ダウンリクルートシステムにより、さらに大きな成果を出しています。
バナー無料
画像の説明
page end
急増しています
»»悠々自適なカナダ生活