ワールドベンチャーズはサブスクリプションモデル

ワールドベンチャーズのデメリット

今話題の旅行系MLMワールドベンチャーズ

<商材>

  • 会費を払って会員になる
  • 極上体験が激安で購入できる

僕も毎月アメリカに行くのが趣味なので、消費者目線で研究しましたが、他の旅行マニアの人に対しておすすめかどうかの答えは「人による」としか言えません!

というのはメリット以外にデメリットも多い?!

1)日本国内の旅行ツアーが少ない
国内旅行しか行かない人にとってはメリットはない(将来は未定)

2)旅行ポイント
月会費の大部分は自分が将来使える旅行ポイントに当てられます。

  • ゴールド会員:年間$600(会費$720 積立$600)
  • プラチナ会員:年間$1200(会費$1320 積立$1200)
  • これらのポイントは一年後まで使用不可
  • 使用可能になってから有効期間は1年。その後の残高は消滅。

3)航空券は自腹!

  • 航空券は自腹(専用の旅行サイトで最安値保証はしているがポイント割引は効かない)
  • ポイント割引はホテルや現地でのツアー利用の際に適用
  • ポイント適用金額がツアーによって決まっていて、残りの金額は自腹
  • ツアーはワールドベンチャーズの旅行サイトに乗っている中から選ぶ形で、その割引率はツアーごとによって違う

10万円のポイントがあるから10万円の旅行が無料という意味ではない
総額10万円分の割引が複数回に分けて1年の有効期限内に受けられるというイメージです。

バナー無料

ワールドベンチャーズのメリット

メリット

  • 4名の会員を勧誘できれば月会費が無料
  • 会費無料でもポイントは毎月入ってくるので、旅行に行かなくてポイントが消滅しても、損はしない

年に少なくとも数回は海外旅行に行かないと元は取れない計算
または高価で割引金額が高いツアーに参加するとか

例:地中海クルーズ25万円 ポイント割引12万円

これなら一度で元が取れます。
上手にポイント消化できるかは、人によるとしか言えませんが、一般的には好きな時に何回も海外旅行にいける人は少ないですよね。

ポイントはもともと自分のお金、ツアーやアクティビティは割引のみで自己負担が必要、飛行機は自腹で現地集合現地解散型の旅行なのです。

パックツアー旅行に慣れている日本人旅行者はトータルでは高くなるリスクはあります。

4名勧誘方法
ネットワークビジネスの世界では一般的には禁じられているネット集客がOKです。
カナダでもネット上で勧誘している人をたまに見かけますし、勧誘しやすい商材かなと思います。


<宣伝>
あなたが普段の買い物で利用している店で、支払い金額の20%がキャッシュバックで返ってきます!お問い合わせはコチラお気軽にどうぞ👇
(LINE登録→友だち追加後「合言葉はカナダ」とお書きください。詳しい情報をお伝えできます。)
画像の説明

ストレスフリーなカナダ生活を満喫

バナー無料
画像の説明
page end
急増しています
»»悠々自適なカナダ生活