自動車産業 電気自動車は中国が世界一?

自動車産業 中国では電動自転車タクシーが一般的

去年、中国に旅行に行った時には街中の移動で何度か自転車タクシーに乗りました。
これらは普通の自転車ではなく電動自転車なのです。
あまりにも静かなので、彼らが普通の自転車のようにこいで動かしていると感じてたのですが、実際は自転車版EVだったのです!

日本にもカナダにもないシステムなので、この経験だけで中国に旅行に行ってよかったと思いますね。

大気汚染の深刻な中国では電気自動車の普及が優先課題
中国は車産業で日本メーカーを排除することは明らかです。

バナー無料

日本と中国の電気自動車事情

日本経済新聞(2017.7.6)の報道によると,日本の電気自動車、充電型ハイブリッド車の販売数は年間3万台、中国は65万台ですでに世界一です。

日本は大幅に遅れていると言う事実。
最近まで世界の工場と言われていた中国に技術やシェアでも抜かれた日本。
電気自動車は時代の流れで誰にも止められません。
イギリスとフランスは2040年までにガソリン車を完全廃止、全て電気自動車にするそうです。

東南アジアの国々は経済成長をしています。
日本は今後経済成長がありません。
中国はすでに日本以上の経済大国という現実、電気自動車市場でも負け。

このように将来は現在の発展途上国と日本の格差も無くなってきます。
そんな時に日本人はアジア人たちと同じ土俵で競争に晒されるのです。
インターネットがもたらした国際化によって日本人であることの優位性がなくなりました。
時代の変化に対応できなければ、将来は悲惨かも知れません。

そうならないために在宅 副業から始めるインターネット展開のネットワークビジネス。
不労所得 権利収入を稼ぐ仕組みを作るのも将来の成功のための一つの選択肢です。


<宣伝>
あなたが普段の買い物で利用している店で、支払い金額の20%がキャッシュバックで返ってきます!お問い合わせはコチラお気軽にどうぞ👇
(LINE登録→友だち追加後「合言葉はカナダ」とお書きください。詳しい情報をお伝えできます。)

友だち追加

画像の説明
ストレスフリーなカナダ生活を満喫
私達のチームでは皆でサポートし合って、皆が楽しんでビジネスをしています。
新たに導入した自動ダウンリクルートシステムにより、さらに大きな成果を出しています。
バナー無料
画像の説明
page end
急増しています
»»悠々自適なカナダ生活